top of page

ミャンマーヒスイオークション情報(2009/11/02)

現在ミャンマー、ヤンゴンで開催中の翡翠をメインとしたオークションの情報が入ってきました。

弊社ミャンマー人スタッフからの報告です。

翡翠ロット数8000以上とオークション始まって以来の大量のロット数で良いものを中心に予想落札価格よりも高く落札されるものが多い。

オークション最終日に近くなると高額ロットのものが多くなるのでその落札価格がどのくらいになるのか注目されるところです。

中国の経済成長率が高いとメディアで報道されるのを裏付けるように翡翠業者の買い意欲は確実に高まっている。

ミャンマー人は翡翠を出品するだけでなく入札することもできますが今回はなかなか買えない。

中国人を主とした外国人がより高い価格で応札するからという。

9月マンダレーでの中国人の買いっぷりからも感じていたことなのですがどうやら“本物”のようです。


ところで本日、予約していたクリスティーズのオークションカタログが届きました。

12月1日、香港で開催されるジュエリーオークションで翡翠製品も多数出品され動向を知るためには欠かせないものです。

今回目立つのは黄色、緑、白と3色入りのバングル、仏像のいわゆる福禄寿。黄色のみのバングル、などであり一時に比べて氷翡翠が少なくなっていること、品質の割には予想落札価格が高めなこと。

何も予想落札価格でないと落札できないわけでもないのだが・・・・・。

以前は東京銀座で下見が出来たのであるが今回も東京での下見はできないとのこと、ほんとに残念です。

これも景気の影響からか相対的に日本人の落札者が少なくなっていてやむを得ない現象の気がします。


日本の宝石業界も静かな変革の時を迎えているようです。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

稀少本 『宝石の100年』 から翡翠記事 2 広東(2009/12/24)

広東は原石の市場が主でして、これはビルマから輸入された石を取引するわけですが、一つの商売がまとまるまでには、数回の折衝を重ねるのが普通です。何しろ原石の取引は非常にむずかしいもので、何年もの経験と、決断とを必要とするものなのです。 原石は茶褐色の風化した外皮でおおわれているのですからその内部の緑色の度合いなどはまったくわからないと言っていいほどなのです。緑の最も濃い箇所へ五分幅ほどのノミで削った跡

無処理の翡翠なのに色が変わった!どうして?(2009/11/29)

タイトルと同様のご質問をいただくことが時々あります。 もしかしてこれは染色やエポキシ樹脂など入れた処理石なのでは? と疑問にお思いの方へのお答えです。 比較的低価格で販売されているものには無着色のものでも変色は起こりえます。 簡単にご説明いたしますと 翡翠は翡翠のごく小さな結晶が複雑に交差してヒスイ岩を構成しています。 この小さな結晶と結晶の間にほんの僅かな隙間がありましてそこへ原石を切断するとき

bottom of page